セルフネイルで簡単お安くかわいいデザイン

わたしはセルフネイルを楽しんでいます。

セルフネイルの良い所は、一番は自分の好きなデザインが材料費だけでできちゃうところだと思います。

フレンチだったりグラデーションだったり、ホロやストーンなどのアートパーツなども、セルフネイルだとやりたい放題です。

ネイルサロンに行くとシンプルなフレンチネイルで両手で1万円とかかるくとられてしまいます。ネイルサロンでネイリストさんにやってもらったほうが、きれいだとは思いますが、毎回お支払いするにはお財布に厳しい値段ですよね。

わたしはセルフで、2週間~3週間のペースでネイルチェンジしています。

2週間くらいでつめの根元が目立ってくるし、指先はどうしても水仕事などでよく使うのでどうしてもネイル表面に傷がついてきます。

ネイルサロンでやったものだと、なんとしても3週間は持たせたいと思ってしまいますが、セルフだと時間さえあれば気軽にオフできます。

デザインは、インターネットで検索すると画像がたくさんでてくるので参考にしています。ネイルサロン開業の豆知識~資格編~

セルフネイルの唯一の欠点といえば、時間がかかることです。

わたしはジェルネイルですが、自分でやるので片手ずつしかできません。フットネイルの場合は右を塗っている間に左を硬化し…というのができますが手はぞれができないので、サロンの倍くらいは時間がかかります。

なのでゆっくり自分の時間が取れるときでなければいけないのが難点ではあります。ですが、そこさえなんとかなれば、はやりのデザインも自由自在の、素敵ネイルがお安くできますよ。

何色のネイルが好まれているのでしょうか

友人がネイルしてきたと言うので、見せて貰いました。

青と白の大人可愛いデザインでした。
前も青系のデザインにしていたので、ちょっとクールな感じが好きなのでしょうね。

では、他の人はどんな色のネイルを好んでしているのでしょうか?

ある調査を見ると、女性のピンク系を好む人は7割を超えていました。
そして、男性もピンク系を選ぶ人が一番多くなっていました。

何もしないよりも手元を明るくしてくれますし、強い印象を与えすぎずオフィスにも馴染むので、ピンク系・ベージュ系は鉄板ですね。

ネイルアートが流行し始めた頃は、女性の過剰な装飾は怖いといった印象を持っていた男性も多く居ました。しかし今では身だしなみの一部として馴染んできており、女性の手元に目を向ける人が増えてきたようです。

女性と男性の好みの違いが出たのは、ゴールドとシルバーでした。
女性が上位に上げているのに対して、男性で選ぶ人は少ないという結果でした。

冬の時期はキラキラしたゴールドやシルバーを5本のうちの一本に使っていたり、フレンチ部分に使っていたりすると、綺麗で気分が上がります。

男性からみるとまだまだ派手過ぎるのでしょうか。
ピンク・ベージュ・クリアなネイルの方が男心を掴むようです。

私はしばらくネイルに手をかけていませんが、育児や仕事の都合でマニキュアを付けられない場合にも基本的なお手入れは欠かさずに、輝きを失わない手元でありたいと思います。

ネイルは気分も楽しくしてくれる

最近お友達の中でもネイルをやってくれる子が増えてきました。

以前は2か月おきくらいにお店に行ってしてもらっていましたが、結構時間がかかるのでトーク+雑誌で2時間ほど過ごしていました。

雑誌を読んでるときや、話が盛り上がるときはいいのですが、イマイチのときはちょっとしんどかったり・・・ネイルの出来栄えがあんまりだったり・・・で。

最近はもっぱら友達にしてもらうようになりました。
家でお茶を飲みながら話も盛り上がるし、色やデザインも相談しながらゆっくりできます。

自分で選ぶデザインや色は好みが偏るので、ネイルアプリでデザイン・柄を見ながらだいたいおまかせします。自分では選ばないような色やデザインが新鮮で楽しく、洋服や小物も新しい柄や色にチャレンジしたくなります。

何より気を使わない点で楽だと思います。

アフターも万全で「ちょっと欠けた」とか「1本だけやり直して」とかお願いしやすいです。ネイルをすると指先がきれいに見えるし、しぐさや動作も丁寧で優雅になります。

爪の弱い(欠けやすい・割れやすいなど)悩みも解決されるようです。

いつもは爪が割れやすかったけど、ジェルネイルをするようになってから補強されて割れにくくなったという友達もいます。

ネイルは、気分を上げてくれる!

女性は、ネイルをすると気分があがりますよね。

自分でネイルをしてみても、マニキュアで塗るだけだとすぐ剥げてくるし、利き手じゃない手は上手くできないし、上手くできないですよね。

やっぱり、お店でネイリストにやってもらうのがよいですね。

今は専業主婦ですが、会社員だったときは、ジェルネイルをしていました。
事務職だったので、割と自由でいろいろなデザインのものをしました。

初めてジェルネイルをしたときは、控えめにベージュ系でしたが、そのうちどんどん目立たせたくなりました。
ストーンをたくさんつけたり、ラメ系できらっきらにしたりして。
私は、けっこうラメ系が好きでグラデーションにするのが好きでした。

季節やイベントに合わせて、どんなネイルにしようかなと考えるのも楽しいですよね。

せっかくお金を払ってネイルするんだから、目立たないともったいないなと思っていました。
仕事中にタイピングしているときに、キレイなジェルネイルが見えると、やる気がでました。

ネイル店もたくさんあるので、毎回違うお店に行っていました。

クーポンランドやホットペッパーでいかに安くかわいいデザインをしてくれるお店を見つけられるか探すのも楽しみの一つでした。
ネイル資格安いのはどこ?知らないと損する裏ワザ!

今は、育児中でもあるのでなかなかジェルネイルはできないですが、落ち着いたらまたやりたいなと思っています。

ネイルは、何歳になっても女性の気分を高めてくれますね。

美容院に行くのが苦手で克服したこと

もともと人見知りをするタイプで、クラス替えのたびに新しい友達をつくるまでに時間がかかって苦労することが多かったのです。

だから、美容院に行って髪の手入れをしてもらいながら美容師さんとお話をするのがとても苦痛でした。

高校生くらいだと、美容師さんは当然年上の方ばかりですから自然とこちらが話すのも敬語を使わないといけないと思っていたこともあります。でも一番はとにかく何を話したらいいのかわからないということでした。

雑誌を見せてもらっても、お料理の記事とかならいいのですが週刊誌の恋愛相談とかなんかを見ているのを気づかれても恥ずかしかったりしたのです。

それが段々こんなことではいけないな、と思ったのはお年頃になってお見合いをするようになってからでした。

仕事をするようになって、どんどん社会人としてのお付き合いも始まり身だしなみにもよりいっそう気を配るようになって月1回の美容院通いが必須になったのです。

同じように人見知りするタイプの先輩から「美容師さんって美容のプロなんだからアドバイスをもらわないと損よ。」と言われたのがきっかけでした。

思い切って自分に似合いそうな髪形を髪質から相談してみたり、カラーリングのアドバイス・お勧めのヘアケアグッズなどを教えてもらったりしました。

メイクもしてくれる化粧品会社がオーナーの美容院をみつけて、ちょっと奮発して髪のお手入れとメイクアドバイスを受けたりなんかもしたのです。

一度そういう美容院の利用方法を覚えると、なんだか楽しくなってきました。

今ではすっかり1ヶ月に1回の楽しみになりました。

こんなサービスのある美容院もあります

美容院は女性が、理容院は男性が利用するところというイメージが強かったのですが、この頃は男女も大人も子供も関係なく美容院を利用するようになりました。

そんな中でも、小さい子供さんがいるお母さん達はなかなか足が運べないのが現状です。
かくいう私も美容院に行く為に母親に子守を頼んだり、夫の休みを利用したりと大変な思いをしてきました。

美容院は、女性にとって癒しの場であり女性であることの喜びを再確認する場所です。

家の近くには、美容院ストリートと呼ばれる街並みがあります。

全部の美容院に行ったことはありませんが、そのうちの一軒だけ他とは違うサービスがありました。
それは、事前予約をすれば美容院内に設けられた託児施設が利用できるというサービスです。

紫施術を受けている間、専門の保育士さんが、母親の目の届くところで子供をみていてくれます。
特に、料金がかかるわけでもなくメンバー(無料です)になるだけでこのサービスが誰でも受けられるのです。

核家族化している昨今、預けられるところもなく綺麗になることを諦めているお母さん達も多いはずです。
こういった身近なサービスが家庭に閉じこもりがちな女性を外へと連れ出す良いきっかけとなるのではないでしょうか。

美容院も外観や名前で選ぶ時代ではなくなりつつあります。
お客さんが何を望み、何を期待しているのかを探求し続ける美容院は日々進化していくのでしょう。

指の先から幸せになる事の出来るネイル

病気のために爪が弱くなり黒ずんでいました。

とても気になってなるべく人前で手を出す事を避けていました。
その姿をみて娘がネイルをする事を進めてくれました。

しかし、通院しているので、お医者様に相談する事にしました。

私の主治医は、私のネイルをしたいと言う申し出に、気持ちが明るくなるので賛成ですと、おっしゃってくださいました。

「血中酸素を診るために、ネイルをする事を避けて欲しいと言う方もいて、医学的には必要かもしれないけれども、長期に渡る病の場合は、心の健康も配慮しなければならないので、ネイルをお勧めします。爪の黒ずみも気になりますよね。綺麗にしてください。幸せな気分になれますよ。」
と、快く賛成してくださいました。

実際にネイルサロンに足を運んでみると、心安らぐ雰囲気で、丁寧に爪のケアをしてくださいました。
そして、デザインの相談にものってくださり、素敵なネイルが仕上がりました。

今まで隠してきた指先を、今までとは逆に見て欲しいと思う位の気持ちになりました。

また、綺麗にネイルしているのだから、綺麗な仕草を仕様と心がけるようになり、色々な物の扱いも丁寧になったような気がします。

友人からも素敵なネイルねと褒められるととても嬉しくなってきました。

今まで外出もためらっていたのに、何だか気持ちがウキウキしてお出かけしたくなりました。
たったネイルをしただけなのに、こんなにも心の変化があるとは自分で驚きました。

自分でもネイルの資格を取ってみようかな、とさえ思うようになりました。
ネイル資格とるならスクールと通信どちらがおすすめ?

美容院で過ごす時間は「幸せを与えてくれる時間」

美容院で過ごす時間が私は大好きです。
仕事や家事・育児に追われる日々の中で、3か月に一度訪れる美容院に行く日を、いつも楽しみにしています。

「どんなヘアスタイルにしようかな」と、待合のソファで雑誌を広げている時間。
自分の髪の毛が、美容師さんの華麗なテクニックによってカットされていく時間。
シャンプー台に横になり、ウトウトしている時間。
気持ちの良い頭皮マッサージを受けている時間。
最後にスタイリング剤を付けて、いつもと違う自分に仕上がっていくのを鏡で見る時間。

このような時間が大好きです。

美容院で過ごす時間は、何と言っても女性らしさを思い出す時間なのかもしれません。

母親になると、独身の頃に比べ、ファッションを楽しむ時間もお金も少なくなります。
毎日、ジーンズにTシャツ、髪の毛は一つにまとめ、子供とお散歩をする。

もちろん、これも家族と毎日を過ごす中で、とても幸せを感じる絵だと思います。

でも、やっぱりきれいな母親でありたい、妻でありたい、そして女性でありたい。
この気持ちはいつまでも持ち続けたいと思っています。

そして、美容院でヘアスタイルを変えることは、自分のイメージを変える、季節の移り変わりを感じる、気持ちが改まるなど、様々な変化を起こします。

この変化が起こる瞬間が美容院にはあります。

美容院で過ごす時間は、自分のライフスタイルの中で「幸せを与えてくれる時間」です。

美容院では雰囲気もトークも値段のうち

大丈夫ですか?お客様、と、美容院に入店して早々に聞こえてきた何やら困り事らしい声にどうしたのかと思います。

お顔に熱いお湯でもかかったのかしら、それともお顔剃りで不手際でもあったのかしら、と思って聞いていましたが、結局何だか良くわかりません。

ヘアスタイルに満足いかなかったとか・・・それだったら切り過ぎ注意、と念のために5cmカットのところを3cmにしておこうとか考えてしまいました。

とはいえ、美容院の面白さの一つは雰囲気とおしゃべりです。

お隣の白髪染めのお客さんをみて、これが美容院って雰囲気だな、とか、パーマのお客さんを見て、これって良いなと思ったりするのも楽しい時間です。

私の彼氏はねとか、美容師さんに、夜遅いでしょう?奥さんさびしいでしょうね、などと平気で聞くお客さんに丁寧に対応するスタッフさんのトークにも感心です。

本日はいかがしましょうか、と言われ、はっとしながら、前髪2ミリカット、後ろは結局軽くパーマをかけてもらうことにしました。

時間がかかるその間、美容師さんの手さばきを見つつ、時間待ちには雑誌に目を通しつつ、美容院の中の色合いを眺めつつ時間を過ごします。

一人ではなく、二人がかりで作業をしていただく時には、本当に技能職という言葉がぴったりの職場だと思ってしまうのです。

ネイルで気分も女子力もアップできますね!

最近のネイルは様々なものがあり、年齢を問わずにたくさんの女性が利用していますね。

中には男性でもダークトーンのシンプルなネイルをしている人なども見かけるようになりました。

若い子に人気なのがスカルプネイルだと思いますが、正直長すぎるものは生活に支障が出そうで私的には微妙です。
街を歩いていると時々見かけますが携帯を操作するにも会計の時に財布からお金を出すのも大変そうでした…。

しかし、私自身成人式の時と結婚式の時に自宅ネイルサロンでネイルをしましたが爪が自分好みのデザインで華やかになると自然と気分も上がりますね。

ネイルを実際にやってみるまでは不便なんだろうなとしか思っていなかったのですごくビックリしたと言うのも正直な意見です。

成人式の時は周りの友達もそれなりに派手なネイルでしたがとても可愛くおしゃれに見え、着物にも合っていました。
勿論、ネイルの話になりどこのお店でやったのか、自分のお気に入りはどこかなどと盛り上がったのを覚えています。

今思うとネイルをしていなかったらみんなの話題にも入れずあまりいい思い出ではなかったのかもしれないなと思います。

結婚式のときは家庭を持つようになったらネイルはしばらく出来ないと思い少し長めのスカルプネイルをやりましたが思いのほか旦那にも受けがよく可愛いねと言ってもらえました。

式に来ていた友人や、親族にも綺麗だと言ってもらえすごく嬉しかったです。

ネイルをやる前はゴテゴテしてるから…などと思っていましたがそれは偏見だったんだなと思います。
実際はネイルはおしゃれの一つであり、女子力を上げるものだと思います。

家事や育児があるからと諦めている人もたくさんいると思いますが、そんな人にこそ今はチップがあるのでちょっとお出かけするときなどに簡単に爪がおしゃれになるのでおすすめできますね。

それに最近はシールを貼るだけというのもあるのでお店で見るのも楽しそうですね。