美容院

美容室を選ぶ基準

美容院を選ぶ基準もいろいろあるでしょうが、私はガラス張りのおしゃれな雰囲気の店はどうも合いません。自分の容姿によっぽど自信があって人の視線が気にならない人はいいだろうが。だから近くの普通の美容院に通ってます。

昔はいろんな髪型にもパーマやら髪染めやらしたんですが最近はカットだけですね。お金ないし・・。

カットも1500円ですし、毎回行くたびに食べ物が出てきて、この前はセブンのからあげとアイスコーヒーを頂戴しました。

いつも美容師さんのお母さんが常駐しており長々とお話をされて相手するのも疲れます。美容師さんは無口な人なんですが。

美容院ってなんか慣れたら簡単に変える事って難しいですよね。

今回の髪型は今流行のサイド刈り上げにしてもらいました。高校生の頃は部活してて後ろ刈り上げはしてた記憶が。30代でどうだろって思ったんですが、軽い感じで私はもっと思いっきりやっても良かったんですが夏はこれがいいですね。職場はなかなかエアコンを付けてもらえないのでこちらが対策しないといけません。

サイドを耳にかけると小顔に見えるし今度からこの髪型が定番になりそうです。

昔はよく1万ものお金をかけていたなと今考えるともったいないような気がしますが、今はどうでもいいやって感じですもんね。あきらめに入ってしまうんでしょうか。年を取るたびにヘアスタイルをどういう風にしようか、悩みます。

髪はボリュームがなくなってきて、ぺちゃんこになるし。って言っても私の場合は毎回3分の1は削ってもらってます。これでカツラができるんじゃなかろうかと思うぐらいの量です。白髪も今のところ出てきてないです。

あんまり考える性格じゃないからだろうか。これからどういう風な髪型にしていこうか楽しみでもありますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新しい自分を発見するための美容院さがし

明るい日差しが差し込み、爽やかな落ち着いた雰囲気の美容院。

いろんな情報を調べて、初めて来店する時は、少々緊張します。

理想の髪型にしてもらえるだろうか、スタッフの方はどんな人だろうか、満足して帰ることができるだろうかと考えながら、スタッフさんとお話しします。

自分にあった美容院選びは、難しいですが、第一印象で大切なポイントともなる、ヘアスタイルですから、やはり慎重に選びます。

ネットでのクチコミはもちろん、友人からの評判も参考にしますし、普段、街で見かけたお洒落な美容院も気になります。

他の人に良かった美容院でも、自分とは合わないかもしれません。

十分調べたあと来店する時には、期待感が高まります。

気持ちの良い挨拶に、親切な対応は、心地よく感じます。

お客様の理想のヘアスタイルに近づけるようにと、一生懸命お話しを聞いてくださったり、分からないところを丁寧に教えてくださるスタッフの方なら安心できます。

カットしたり、パーマをかけたり、カラーリングしたりして、その間も会話が弾み、心地よい空間です。

最後にブロー、そしてセットです。鏡に映った自分を見て感動し、ここに来て良かったと思える瞬間です。

新しい自分に出会える場所が見つかりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

何色のネイルが好まれているのでしょうか

友人がネイルしてきたと言うので、見せて貰いました。

青と白の大人可愛いデザインでした。
前も青系のデザインにしていたので、ちょっとクールな感じが好きなのでしょうね。

では、他の人はどんな色のネイルを好んでしているのでしょうか?

ある調査を見ると、女性のピンク系を好む人は7割を超えていました。
そして、男性もピンク系を選ぶ人が一番多くなっていました。

何もしないよりも手元を明るくしてくれますし、強い印象を与えすぎずオフィスにも馴染むので、ピンク系・ベージュ系は鉄板ですね。

ネイルアートが流行し始めた頃は、女性の過剰な装飾は怖いといった印象を持っていた男性も多く居ました。しかし今では身だしなみの一部として馴染んできており、女性の手元に目を向ける人が増えてきたようです。

女性と男性の好みの違いが出たのは、ゴールドとシルバーでした。
女性が上位に上げているのに対して、男性で選ぶ人は少ないという結果でした。

冬の時期はキラキラしたゴールドやシルバーを5本のうちの一本に使っていたり、フレンチ部分に使っていたりすると、綺麗で気分が上がります。

男性からみるとまだまだ派手過ぎるのでしょうか。
ピンク・ベージュ・クリアなネイルの方が男心を掴むようです。

私はしばらくネイルに手をかけていませんが、育児や仕事の都合でマニキュアを付けられない場合にも基本的なお手入れは欠かさずに、輝きを失わない手元でありたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネイルは気分も楽しくしてくれる

最近お友達の中でもネイルをやってくれる子が増えてきました。

以前は2か月おきくらいにお店に行ってしてもらっていましたが、結構時間がかかるのでトーク+雑誌で2時間ほど過ごしていました。

雑誌を読んでるときや、話が盛り上がるときはいいのですが、イマイチのときはちょっとしんどかったり・・・ネイルの出来栄えがあんまりだったり・・・で。

最近はもっぱら友達にしてもらうようになりました。
家でお茶を飲みながら話も盛り上がるし、色やデザインも相談しながらゆっくりできます。

自分で選ぶデザインや色は好みが偏るので、ネイルアプリでデザイン・柄を見ながらだいたいおまかせします。自分では選ばないような色やデザインが新鮮で楽しく、洋服や小物も新しい柄や色にチャレンジしたくなります。

何より気を使わない点で楽だと思います。

アフターも万全で「ちょっと欠けた」とか「1本だけやり直して」とかお願いしやすいです。ネイルをすると指先がきれいに見えるし、しぐさや動作も丁寧で優雅になります。

爪の弱い(欠けやすい・割れやすいなど)悩みも解決されるようです。

いつもは爪が割れやすかったけど、ジェルネイルをするようになってから補強されて割れにくくなったという友達もいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美容院に行くのが苦手で克服したこと

もともと人見知りをするタイプで、クラス替えのたびに新しい友達をつくるまでに時間がかかって苦労することが多かったのです。

だから、美容院に行って髪の手入れをしてもらいながら美容師さんとお話をするのがとても苦痛でした。

高校生くらいだと、美容師さんは当然年上の方ばかりですから自然とこちらが話すのも敬語を使わないといけないと思っていたこともあります。でも一番はとにかく何を話したらいいのかわからないということでした。

雑誌を見せてもらっても、お料理の記事とかならいいのですが週刊誌の恋愛相談とかなんかを見ているのを気づかれても恥ずかしかったりしたのです。

それが段々こんなことではいけないな、と思ったのはお年頃になってお見合いをするようになってからでした。

仕事をするようになって、どんどん社会人としてのお付き合いも始まり身だしなみにもよりいっそう気を配るようになって月1回の美容院通いが必須になったのです。

同じように人見知りするタイプの先輩から「美容師さんって美容のプロなんだからアドバイスをもらわないと損よ。」と言われたのがきっかけでした。

思い切って自分に似合いそうな髪形を髪質から相談してみたり、カラーリングのアドバイス・お勧めのヘアケアグッズなどを教えてもらったりしました。

メイクもしてくれる化粧品会社がオーナーの美容院をみつけて、ちょっと奮発して髪のお手入れとメイクアドバイスを受けたりなんかもしたのです。

一度そういう美容院の利用方法を覚えると、なんだか楽しくなってきました。

今ではすっかり1ヶ月に1回の楽しみになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

こんなサービスのある美容院もあります

美容院は女性が、理容院は男性が利用するところというイメージが強かったのですが、この頃は男女も大人も子供も関係なく美容院を利用するようになりました。

そんな中でも、小さい子供さんがいるお母さん達はなかなか足が運べないのが現状です。
かくいう私も美容院に行く為に母親に子守を頼んだり、夫の休みを利用したりと大変な思いをしてきました。

美容院は、女性にとって癒しの場であり女性であることの喜びを再確認する場所です。

家の近くには、美容院ストリートと呼ばれる街並みがあります。

全部の美容院に行ったことはありませんが、そのうちの一軒だけ他とは違うサービスがありました。
それは、事前予約をすれば美容院内に設けられた託児施設が利用できるというサービスです。

紫施術を受けている間、専門の保育士さんが、母親の目の届くところで子供をみていてくれます。
特に、料金がかかるわけでもなくメンバー(無料です)になるだけでこのサービスが誰でも受けられるのです。

核家族化している昨今、預けられるところもなく綺麗になることを諦めているお母さん達も多いはずです。
こういった身近なサービスが家庭に閉じこもりがちな女性を外へと連れ出す良いきっかけとなるのではないでしょうか。

美容院も外観や名前で選ぶ時代ではなくなりつつあります。
お客さんが何を望み、何を期待しているのかを探求し続ける美容院は日々進化していくのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美容院で過ごす時間は「幸せを与えてくれる時間」

美容院で過ごす時間が私は大好きです。
仕事や家事・育児に追われる日々の中で、3か月に一度訪れる美容院に行く日を、いつも楽しみにしています。

「どんなヘアスタイルにしようかな」と、待合のソファで雑誌を広げている時間。
自分の髪の毛が、美容師さんの華麗なテクニックによってカットされていく時間。
シャンプー台に横になり、ウトウトしている時間。
気持ちの良い頭皮マッサージを受けている時間。
最後にスタイリング剤を付けて、いつもと違う自分に仕上がっていくのを鏡で見る時間。

このような時間が大好きです。

美容院で過ごす時間は、何と言っても女性らしさを思い出す時間なのかもしれません。

母親になると、独身の頃に比べ、ファッションを楽しむ時間もお金も少なくなります。
毎日、ジーンズにTシャツ、髪の毛は一つにまとめ、子供とお散歩をする。

もちろん、これも家族と毎日を過ごす中で、とても幸せを感じる絵だと思います。

でも、やっぱりきれいな母親でありたい、妻でありたい、そして女性でありたい。
この気持ちはいつまでも持ち続けたいと思っています。

そして、美容院でヘアスタイルを変えることは、自分のイメージを変える、季節の移り変わりを感じる、気持ちが改まるなど、様々な変化を起こします。

この変化が起こる瞬間が美容院にはあります。

美容院で過ごす時間は、自分のライフスタイルの中で「幸せを与えてくれる時間」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美容院では雰囲気もトークも値段のうち

大丈夫ですか?お客様、と、美容院に入店して早々に聞こえてきた何やら困り事らしい声にどうしたのかと思います。

お顔に熱いお湯でもかかったのかしら、それともお顔剃りで不手際でもあったのかしら、と思って聞いていましたが、結局何だか良くわかりません。

ヘアスタイルに満足いかなかったとか・・・それだったら切り過ぎ注意、と念のために5cmカットのところを3cmにしておこうとか考えてしまいました。

とはいえ、美容院の面白さの一つは雰囲気とおしゃべりです。

お隣の白髪染めのお客さんをみて、これが美容院って雰囲気だな、とか、パーマのお客さんを見て、これって良いなと思ったりするのも楽しい時間です。

私の彼氏はねとか、美容師さんに、夜遅いでしょう?奥さんさびしいでしょうね、などと平気で聞くお客さんに丁寧に対応するスタッフさんのトークにも感心です。

本日はいかがしましょうか、と言われ、はっとしながら、前髪2ミリカット、後ろは結局軽くパーマをかけてもらうことにしました。

時間がかかるその間、美容師さんの手さばきを見つつ、時間待ちには雑誌に目を通しつつ、美容院の中の色合いを眺めつつ時間を過ごします。

一人ではなく、二人がかりで作業をしていただく時には、本当に技能職という言葉がぴったりの職場だと思ってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0